こんにちは、車買取・販売のザ ビークルズ 東條です。

 本日はゲストをお招きしております。

 あぶら虫さんです。
(写真左より、あぶら虫さん、菊池、東條です)
DSC_1174

 「あぶら虫さん?」
 芸名です、芸名って言うのか解りませんが、写真家のあぶら虫さんです。

 写真展の地元新聞記事より(開催は終了しております)。
表情豊かな花など22点 | 東日新聞

 田原市に有ります、サンテパルクたはら等で定期的に写真展を開催している、知る人ぞ知る写真家さんです。
(本業は自動車整備で、油にまみれて仕事するから『あぶら虫』って芸名だそうです)

 皆様ご存かとは思いますが、ほぼ無料で遊べる『田原市芦ヶ池農業公園』、通称『サンテパルクたはら』

サンテパルクたはら – Wikipedia

 ウィキペディアの説明で『「田原のディズニー」の名で親しまれている』って書いてあるけど、聞いたこと無いぞ……
 教えて、田原の人。


 あぶら虫さん、昨日10月10日より交付が開始された『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート』を交付日に取り付けた強者です。
(かつての体育の日に交付開始が良いね!)

報道発表資料:東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート交付開始!! – 国土交通省

DSC_1175

 ラグビーワールドカップ特別仕様のナンバーに続いて、2つ目の図入りナンバーです。
 全面にカラフルな放射状の模様が入ります。

 さすがオリンピックなので、このナンバーの事はテレビのニュースで取り上げていましたね。

 ラグビー仕様のナンバーは左側に透かしの絵柄でしたが、オリンピックは背景全面にカラフルな模様を入れた仕様です。
 オリンピック、パラリンピックのロゴがそれぞれのナンバーに対で入っていて、前後をどちらにするかは任意で。

 図柄の濃さも計算されていて、少し離れた場所からだとナンバーだけがクッキリ見える設計。
 背景に図柄入りは、寄付をした場合に手に入るナンバーで、寄付金は『大会開催に必要となる交通サービスの改善(バス・タクシーのバリアフリー化等)』に充てられるそう。

 まだゴタゴタでどうなるか分からないオリンピックですが、応援する気持ちをナンバーで!





 今まで触る事が許されなかったナンバープレートに、絵が入るようになったのは個性が出せて良いですね。
(今は軽自動車の白ナンバー化が目的が多いですけど)

 そのうち自動車の図柄入りご当地ナンバーも始まるはず。

ご当地ナンバー「図柄入り」、18年10月から交付 旧跡など背景  :日本経済新聞

 来年の10月からみたいですね。

 豊橋ナンバーも何か絵が付くのではないかと思いますが、何になるか楽しみです。
 原付きは図柄入りご当地ナンバーが導入されていて、豊橋は『トヨッキー』が描かれています。

 名所、旧跡などって事なので何が選ばれるのかな?

the vehicles(ザビークルズ)【豊橋の車買取・販売・出張査定】

  • 車買取
  • 販売
  • 出張査定
  • 免許返納