こんばんは、車買取・販売のザ ビークルズ 東條です。

 カッコイイSUVが入庫しております。

 レンジローバー イヴォーク プレステージ。
DSC_0912

ランドローバーの上位ブランド、レンジローバーシリーズのイヴォーク。

 こちらのイヴォーク、ランドローバーが地球環境の事を考えて、温室効果ガス排出削減を目指した初めてのモデル!

 日本での発売は2012年、ランドローバーさんはそれまで「CO2? なにそれ?おいしいの?」の大排気量モデルを作っていましたが、流石に時代がそれを許さなかったのか、2リッターターボエンジンを搭載しています。
 アイシン製のトランスミッションとの組み合わせで、2リッターターボらしい軽快な走りです。

 装備充実、アダプティブキセノンヘッドライトに、パワーテールゲートなどなど。
CIMG2750

 パノラミックガラスルーフ、後部座席までカバーする大きなガラスの開放感。
CIMG2780


DSC_0913
CIMG2776

 外観はシティSUVですが、ちゃんとレンジローバーの走破性も持ち合わせています。
CIMG2768

 走行する路面に合わせたモード切替が可能です。

 雪道用は他のクルマにも有りますね。

 1番右はサボテンが生えた場所を走る可愛らしいイラスト。
 砂地用のモードです、なかなか砂漠を走る機会はないと思いますが、さすがレンジローバー。
CIMG2769

 きっと中東のお金持ちさんも砂漠で乗っているに違いない!


 室内も繊細にデザインされたイヴォーク。
 何パターンかの内装デザインが選べ、アルミを使用したパネル。
CIMG2757


 丸いダイヤル式のシフトノブは、始動時にせり上がってきます。
CIMG2781
CIMG2763

 スピーカーは『メリディアン』、イギリスの高級オーディオブランド。
CIMG2779


 全方位にカメラを装備で駐車時も安心。
 カタカナ表記でちょっとカタコトです。
CIMG2778

 ナビゲーションのホーム画面が大きな表示で使いやすい。
 クルマという乗り物を運転している時の、使いやすさを考えたボタンの大きさ。
CIMG2761


 ランドローバーやレンジローバーと言えば、本格四輪駆動車メーカー。
 大排気量で大きなボディのクルマが多かったのに、そこを大きく覆したモデルだからこそ気合が入ったモデル。

 全長435センチと決して長くないけど、存在感有るオーラでもっと大きいクルマだと思っていました。
(全幅は190センチもあるけど)
 クルマがカッコよく見える定義のひとつ、ワイドローなボディです。


 ランドローバーお得意の走破性も捨てていない、街に映えるSUV。

 詳細はグーネットにご確認下さい、よろしくお願い致します。
【中古車】ランドローバー レンジローバーイヴォーク プレステージ ガラスルーフ 革シート パワーテールゲート|The Vehicles|中古車なら【グーネット】




 レンジローバーってボディカラーの名称がちょっと面白い。

 こちらの白いボディカラーは『フジ・ホワイト』
 日本の富士山をイメージしたカラー。
DSC_0913

 他のカラーも地名が使われていて『フィレンツェ・レッド』、イタリアですね。
 イタリアは確かに赤のイメージある。

 『モーリシャス・ブルー』、青い海に囲まれたモーリシャス島でしょうか。

 『イパネマ・サンド』、ブラジルのビーチの名前らしい、ベージュ系のシルバーカラー。

 などなど……

 世界各地の地名から取っているなんて、お洒落。


 イギリスのメーカーなので、ちゃんとイギリスから取ったものも有ります。
 このイヴォークだと2つ。

 『オークニー・グレー』、スコットランドのオークニー諸島から取られた名前、遺跡で有名らしい。
 石碑のグレーでしょうか。

 そしてもうひとつが『エイントリー・グリーン』、イギリス車らしくグリーンですね。

 エイントリー村という地名が有ります。

 何故、エイントリー村がグリーンなのか。
 大自然にでも囲まれているのか?




 エイントリー競馬場が有る。




 ああ、そのグリーンか、お洒落?

the vehicles(ザビークルズ)【豊橋の車買取・販売・出張査定】

  • 車買取
  • 販売
  • 出張査定
  • 免許返納