こんにちは、車買取・販売のザ ビークルズ 東條です。

 お待たせ致しました、軽なのに白いナンバー最終話、装着編。
DSC_0256

 前の記事はこちらです。
軽なのに白いナンバー(遭遇編)。
軽なのに白いナンバー(申請編)。

 申請後、入金して10日後にナンバーが出来上がる。
 結構長い。

 入金確認できましたメールにアドレスが書いてあり、そこからもう1度ログインします。
 そこに有る番号標交換申請書をプリント出来るアドレスが有り、それをプリント。
 プリンターが無い方は、窓口で手続きは出来るのでご安心を。
DSC_0247

 プリントした申請書と、車検証、ナンバープレートを持って行きます。
 ナンバーを交換するクルマで行くなら、検査協会へ到着したら外します。

 
 いざ、神野新田にある軽自動車検査協会へ!

 住所は神野新田と言っても、新栄からシーパレス方面へ向かった方です。
(ジャンボエンチョーとか有る方じゃないよ)

 この道を走っている人の半分はきっとクルマ屋さん。
(豊橋ナンバー以外の方は最寄りの軽自動車検査協会へ)

 到着。
DSC_0248
 クルマ屋になる前の事、自分の県外ナンバーだった車を豊橋ナンバーに変えようとここへ来た時、当然だけどクルマ屋風の人が多くてその雰囲気に圧倒され、建物に一歩踏み込んで引き返してきた20歳の春。

 この駐車場の反対側に軽自動車検査協会入り口。
DSC_0251
 入って左に窓口。
(人が沢山居るので写真は無し)
DSC_0252

 ナンバープレートと車検証、申請書を窓口に出します。
 建物内にナンバーを返納する機械が有りますが、その機械にナンバーを出してはいけません。
 軽自動車検査協会で申請を出した後、同じ建物内に有るナンバーを受け取る窓口へ。
 そのまま旧ナンバーと書類を出して、交換してもらって完了。
 車検証は今まで使っていた物をそのままで交換されませんでした。
 違う番号を希望した場合は車検証も変わります。

 無事発行!
 お疲れ様です。
 白い!
DSC_0253

 通常のナンバー交換では添付されない取扱注意事項の紙が。
 個人の方が自分で申請する事が多いのかな。
DSC_0254

 よし、では早速装着。






 ビフォー。
DSC_0244 (1)








 アフター。
DSC_02552

 なんということでしょう。


 すごい違和感。


 軽自動車のはずなのに、変な気分。
 ミニとか500とか色々パクったデザイン個性的なN-ONEと言う車種だから、ナンバーが白いと普通車だったような気がしてきた。
 急にパワーが上がったような気もする。

 ラグビーワールドカップのロゴも薄いピンク色の為、人が立った高さから見てもほとんど目立たない。

 今まで変える事が出来なかった軽自動車のナンバープレートの色、変えるとこんなに雰囲気が変わります!




 付けてみて思う事は、やはり紛らわしいクルマに見えるって事。
 軽自動車と普通車で走っている時は特に規制はない為、問題無いかもしれません。

 ただ、有料道路で係の人が車種を見分けて料金が変わる場合、ナンバーで判別がし難くてトラブルになる場合も有るのではと、考えます。
(ETCは、問題無いようです)

 今は軽自動車も記念ナンバーは共通デザインですが、そんなトラブルが増えた場合、黄色地のプレートに変更って事態も考えられます。
(あくまで勝手な予測です)

 手に入るうちに、白ナンバー化やってみたい人はやっておきましょう!

 こんな風にクルマで楽しむ事、the vehiclesがお手伝いします!

 毎日乗るクルマです、アソビゴコロも大切にね!

the vehicles(ザビークルズ)【豊橋の車買取・販売・出張査定】

  • 車買取
  • 販売
  • 出張査定
  • 免許返納